医薬品

医薬品

有効性

ジェネリック医薬品の承認において、先発品と効果、安全性および安定性が一致するという証明は重要な審査項目となっています。
「生物学的同等性試験」により、血中薬物濃度推移が同一である、つまり生物学的同等性が実証され有効性と安全性が先発品と同等であるといえます。

安全性(品質管理)

安全性に関しても「生物学的同等性試験」により先発品と同等であるといえます。
ジェネリック医薬品は品質を確保する為に品質の再評価が実施されています。
品質再評価とは、既に承認された医薬品について承認時と同じように品質が保持されているかを再度評価する事です。これらの再評価結果は『日本版オレンジブック』により一般に公表されています。

低価格(情報)

ジェネリック医薬品は特許が切れた先発医薬品の成分を用いるので開発や研究にかかる時間も金額も少ないため廉価です。
患者負担の軽減、そして医療費の削減につながります。

多品種(安定供給)

ジェネリック医薬品は多くのジェネリックメーカーから多種出ている為、安定供給が可能です。
ひとつの先発品に対してジェネリック医薬品は複数あり、大きさ・味・におい・保存性等の特徴が、製品によっては相異している場合がございます。
ご不明な点がございましたら担当者もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

沢井製薬

沢井製薬ホームページへ

  • KATSUKI BOOKS 勝木書店
  • 大一印刷株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • VOLVO
  • 住友林業
  • 沢井製薬
  • Daiwa House
  • Sweden House
  • BMW
  • ダイキン
  • 三栄シスポ
  • Audi福井
  • 日産プリンス福井
  • 北陸ミサワホーム
  • プジョー福井
  • MINI福井